お知らせ

・配布資料

授業で使用したレジュメ、資料などはこのサイトからダウンロードできます。「配布資料」のところをクリックして下さい。なお、ファイルを開くにはパスワードが必要です。初回のオリエンテーションの時にお知らせします。

連合寄附講義「現代労働組合論」シラバス(2015年度夏学期)

労働組合とは何か

4/13
【オリエンテーション】

  • 一橋大学 教員

4/20
【開講の辞】連合寄付講座で一橋大生に学んでほしいこと
労働運動・労働組合とは何か~「働くということ」を考える

4/27
今、働く現場で何が起きているのか~若者を取り巻く雇用の現状と労働組合の役割"

  • 村上陽子 連合非正規労働センター総合局長

5/6
労働組合の基礎知識

  • 一橋大学 教員

職場の課題とその取り組み

5/11
公正な賃金制度の確立にむけた取り組み

5/18
労働時間の短縮にむけた取り組み

  • 石井隆之 NECグループ連合・日本電気労働組合中央執行委員長
  • 配付資料(PDF):報告パワーポイント

5/25
仕事と生活の両立にむけた取り組み

6/1
非正規労働者の処遇改善にむけた取り組み~労働組合をつくる

6/8
雇用と生活を守る取り組み~企業再編における労働組合の対応

6/15
グローバル時代における労働CSRの取り組み~「グローバル枠組み協定」締結を事例に

労働組合の求める政策とめざす社会

6/22
「働くということと労働組合」-その現代的意義を考える

6/29
すべての働く者の生活底上げ、格差是正をめざして~春季生活闘争の取り組みを中心に"

7/6
公正なワークルール確立をめざして~雇用・労働政策の取り組みを中心に"

7/13
教員まとめ

7/20
修了講義「働くことを軸とする安心社会」の実現にむけて

授業についての質問は・・・
担当:林大樹
連絡先:h.hayashi(at)r.hit-u.ac.jp
(at)を@に置き換えて送信してください)

支援組織
LinkIcon一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター

本講義は連合と教育文化協会による寄附講義です。
LinkIcon連合(日本労働組合総連合会)のサイト
LinkIcon公益社団法人教育文化協会のサイト


1.授業概要
【学部・学年の指定】
各学部2年生以上

【授業科目の目的】
非正規雇用の拡大と労働市場のより一層の流動化によって、日本における「働き方」は大きく変わろうとしています。そうした中で、労働組合は何を考え、何をしているのか、何ができて何ができないのか、それは何故なのかについて、さまざまな立場で労働組合に関わっている人たちの話を聞きながら、考えていきます。

【授業の科目の到達目標】
「働くこと」に関わるさまざまな問題についての関心と理解を深めることを目的とします。まずゲスト講師に自らの経験に基づいて70分ほど話していただき、その後20分ほど質疑応答を行うというかたちで授業を進めます。

【授業の方法】
労働団体の第一線で活躍する人たちを毎回ゲスト講師として招き、労働組合が果たしている役割や抱えている問題、さらにはさまざまな労働問題について話していただき、その話をもとに、企業経営者の観点とは異なる観点から、日本社会や企業のあり方や労働者の「働き方」について考えます。

【教育課程の中での位置づけ】
社会学部の科目群外講義の中の基礎科目として開講します。
なお、2014年度まで開講されていた「現代労働組合論Ⅰ(連合寄附講義)」を履修した学生は本授業科目「現代労働組合論(連合寄附講義)」を履修することはできません。

2.授業内容
【授業の内容】
講義内容については以下の3つに分類されます。より詳しい授業内容については左記のシラバスを参照して下さい。
1.労働組合とは何か
2.職場の課題とその取り組み
3.労働組合の求める政策とめざす社会
また、受講生は指定された期間に自主研究を行い、中間レポートを作成します。

【テキスト・参考文献】
特定のテキストは用いません。

【授業時間外の学習(予習・復習等)】
通常の予習・復習に加えて、指定された期間に自主研究を行い、中間レポートを作成することが求められます。

3,評価
【成績評価の方法】
成績評価の方法
授業アンケート(出席点):(11回x2点=)22点+(最終回のみ)8点=30点
中間レポート:20点
期末レポート:50点

【成績評価基準の内容】
上記の成績評価の方法により採点し、合計点が70点以上をC、60点以上をD、60点未満をF(不合格)とする。
合計点が70点以上の者の中で優れた者をB、特に優れた者をAとする。

4. その他
【受講生に対するメッセージ】
わが国における労働組合組織率の低落傾向が指摘されてから長いが、それでも労働組合ナショナルセンターの連合は、わが国のフォーマルな組織として最大の組織人員を誇る存在です。その連合の労働運動や労使関係の最前線で活躍されている多くのリーダーから直にお話が聴ける貴重な機会です。多くの学生の受講を希望します。